よい匂いと悪い臭いの判断

*

悪い臭いも人によっては気にならない理由

加齢臭の臭いは、ほとんどの方が不快なにおいと感じているわけですが、人間はどうやってよい匂いなのか、不快な臭いなのかを判断しているのか不思議ですね。

 

臭いが気になる

呼吸をすると、においの分子がセンサーの役目を行っている鼻の奥にある嗅神経細胞に到達します。次にセンサーである嗅細胞から嗅覚中枢へと信号は送られにおいを感じます。においを感じても、この時点ではにおいの快・不快は判断されていません。

 

これを判断するのは大脳皮質へと伝わってからです。人によってにおいの感じ方に差があるのは、各人それぞれの脳がにおいの判断を行っているからなのです。

 

本来においの快・不快の判断というのは、人間が不快なにおいを感じた場合に、警戒することにより危険を回避するためのものです。例えば漏れが生じれば危険であるガスのにおいをよい匂いだと感じる人はいないはずです。

 

においの判断は心理や記憶などに左右されます

においを判断する大脳皮質は知覚や推理、心理などに関係しています。また、記憶にも関係しており、記憶がその人にとってにおいの快・不快を決める要素になっています。よい匂いであるにしろ、悪い臭いであるにしろ、においを嗅ぐことで昔の記憶がよみがえったという経験が誰にでもあると思います。例えば雨の匂いは、懐かしい匂いであると感じる方が多いみたいです。

 

食べ物にしても日本人にとってよい匂いだと感じるものも、外国人から見ると「ちょっと勘弁」と感じるものがあります。日本人でもちょっとと思うものかもしれませんけど、代表的なものでは「くさや」「鮒寿司」「納豆」などがありますね。あと意外なのが「海苔」は外国人からしたらとても臭く感じる食べ物だそうです。

 

例え多くの人が悪臭と感じるにおいであっても、その人にとってよい記憶に結び付いているにおいであれば、その人には心地よい匂いになることもあります。

加齢臭は使っている石鹸を変えるだけでも悩んでいた毎日を明るくできます。加齢臭の防止・肌の保護・抗菌作用などの成分を含んでいる石鹸を使うと、あなたも爽快な気分になることができます。⇒⇒⇒加齢臭対策が期待できるボディソープはコチラ!