加齢臭を助長する悪い汗

*

悪い汗は加齢臭を強くします

発汗しても本当は臭いはしません。でも、悪い汗をかいてしまうと加齢臭の臭いまでも助長してしまいます。では、どういった条件で臭いを発してしまうのでしょうか。

 

汗をかくサラリーマン

汗がべたべたするとよく表現しますが悪い汗というのは、そのべたついた汗のことです。蒸発しにくくべたつきが続きます。気持ち悪いべたつきの原因は汗に含まれるミネラル分によるものです。

 

これに含まれているミネラル分により、皮膚の表面はアルカリ性の環境になります。アルカリ性の環境になると表面の常在菌が繁殖してしまい臭いが発生します。

 

一方のよい汗はほとんどが水分のため、べたつきがなく塩分をわずかに含んでいる蒸発しやすい汗です。含まれている塩分は、皮膚の表面を酸性に保つ働きをしますから、雑菌が繁殖しにくい環境を作ります。結果的に臭いはほとんどしません。

 

そもそも発汗するのは体温が上昇した時に気化熱で体温を下げるためです。そのためには蒸発しやすいさらっとした状態である必要があります。現代人は臭いが起こりやすいべたついた汗であることが多く、多くの人が悩んでいる体臭の原因になってしまっています。

 

悪い汗が出る原因とよい汗にする対策

体臭を予防するためには、悪い汗になってしまう原因を把握して改善する必要があります。原因のひとつとしていわれているのが、今の時代あって当たり前になっている空調にあるとされています。

 

どこに行ってもエアコンが完備され、快適な空間が当たり前になっています。現代人は少しでも暑ければ「暑い!エアコンないの?」と、つい文句を口にします。

 

どこに行っても快適な空間が約束されている今は、昔に比べると汗をかくことがはるかに少なくなっています。快適に暮らせるのはありがたいことですが、自ずと汗腺を使う頻度は激減しますから、人間が本来持っている発汗する機能は低下してしまっています。

 

発汗しないこともより臭いをひどくします。発汗する機会が少ないと汗腺に角質などがたまっています。この状態でたまに汗をかくと、角質などの老廃物も汗と一緒に排出され、よりべたついた悪い汗になってしまいます。

 

空調だけでなく、汗をかかないという意味では運動不足も原因のひとつです。その他、肉類を中心にした食生活は、加齢臭の原因にもなりますが、べたついた汗の原因にもなってしまいます。

 

よい汗をかくためには適度な運動も必要です。運動は健康面でもよい影響を与えます。汗腺を正常に機能させるためにも運動は必要です。

 

だだし、あまり酸素を体内に多く摂り入れる激しい運動は活性酸素を作ってしまいます。活性酸素は加齢臭の元になるノネナールを増やしてしまい逆効果です。あくまで適度な運動が体にも体臭予防にもよい効果として現れます。

 

運動以外の対策としては、動物性たんぱく質を中心にした食生活を和食を中心にした食生活に切り替えることや、活性酸素を作ってしまうストレスも上手にコントロールすることなどが汗の臭いを抑えるために必要な生活習慣です。

 

また、加齢臭を含んだ体臭を予防するためにも暑い夏は、特に汗を拭う習慣を身につけるとよいと思います。汗ふきシートも気持よくてよいですが、タオルをひとつ持っておくようにしてぬれタオルで拭う方が臭いに対しては効果的です。自宅だったら迷わずシャワーをかかりましょう。

加齢臭は使っている石鹸を変えるだけでも悩んでいた毎日を明るくできます。加齢臭の防止・肌の保護・抗菌作用などの成分を含んでいる石鹸を使うと、あなたも爽快な気分になることができます。⇒⇒⇒加齢臭対策が期待できるボディソープはコチラ!