加齢臭を含むスメハラ問題

*

スメハラは社会問題に発展している

スメハラとはスメルハラスメント(臭いによる嫌がらせ)を略した和製英語で、本人が自覚しているいないに関わらず、周囲を不快にさせる臭いで嫌がらせを行う行為を指します。被害としては、頭痛や吐き気が主なものです。

 

スメハラ

今や臭いもハラスメントの一つとして一般的に認識されていますが、筆者個人的には少し過剰反応し過ぎではでは?と思います。

 

しかし、それは個人の感覚によるところが大きく、やはり我慢ならない人は我慢ならないのだと思います。もちろん少数ではあるにしろ例外的に本当に周りに気を全く遣わない人も確かにいらっしゃいます。

 

スメハラの原因になるその臭いには、当サイトのテーマである「加齢臭」を含む体臭、ワキガ、口臭などの他、においというより香りという表現の方が適切な香水であったり、柔軟剤の匂いなども含まれます。

 

最近では香水や化粧品でのスメハラを指す「コスメティック・バイオレンス」という言葉も生まれているようです。

 

ほのかに香る程度ならほとんどの人が心地よく感じる匂いでも、匂いが濃すぎるとどんなに高級な香水であっても悪臭になってしまいます。

 

でも、これも個人の感じ方に大きく左右され、いい匂いあるいは悪臭であると判断するのはあくまでも個人の嗅覚、感覚です。

 

ハラスメントといえば、同じハラスメントのパワハラやモラハラ、セクハラみたいに裁判になることは現在のところありません。しかし、起訴大国のアメリカではオナラが原因で実際に裁判になった事例があるそうで、そのうち日本でも裁判が起こりそうな気もします。

 

スメハラを伝えるのは難しい

家庭でも例えば旦那からスメハラを受けていると感じいる方もいらっしゃると思いますが、家庭ならまだなんとか傷つけないように説得できるものの、職場の場合は仲間とはいえ赤の他人ですから難しい問題です。

 

職場でスメハラだと感じていても、誰にも相談できずにマスクで自衛しているなど、どうやって伝えるのかを悩んでいらっしゃる方が本当に多いみたいです。

 

特に年齢が高くなるほどスメハラを起こしている本人になっている確率が高くなりますので、言わば上司にあたる場合が多いと思います。そうなると余計に伝えるのが難しくなってしまいます。

 

上司にスメハラを伝える場合、第一にできるだけ低姿勢な態度で臨むようにしなくてはなりません。

 

タバコの臭いや香水の匂いであれば本人の意識次第で改善はたやすいのですが、体臭の場合は本人の意思でそうしているわけではないことを理解してあげた上で伝える気持ちが重要です。

 

いつもは態度が大きくて絶対傷つくことはないように見えていても、ストレートな表現では、やはり傷ついてしまいます。

 

スメルハラスメントはとてもデリケートな問題ですから、余計に傷口を広げてしまわないよう、伝える時には周りに人がいないタイミングを考える必要もあります。

 

最近は会社として職場として臭い問題に取り組んでいる企業もあると聞きます。社内全体で認知されるようになると、さすがに自分の臭いに関心が全くなかった本人も気にするようになる可能性が高いと思います。

 

そういった社内規定を変えることができる権限を持っている上司に相談してみるのもよい方法です。

 

また、相談窓口を設けている企業であれば、働きやすい環境を提供する義務があるわけですから、思い悩んで我慢する必要は全くなく、働きにくいと感じたり健康被害を受けていると感じるならすぐにでも相談すべきです。

加齢臭は使っている石鹸を変えるだけでも悩んでいた毎日を明るくできます。加齢臭の防止・肌の保護・抗菌作用などの成分を含んでいる石鹸を使うと、あなたも爽快な気分になることができます。⇒⇒⇒加齢臭対策が期待できるボディソープはコチラ!