加齢臭を指摘されたら

*

加齢臭を妻や家族から指摘された

加齢臭がしていることを自分でも何となくわかっていた、あるいは全く気付いていなくて、家族や妻から指摘されたという場合が多いと思います。子供からいわれたとうケースも多いようです。

 

夫婦喧嘩

指摘されたとしても自分のにおいには麻痺してしまっていますから、大抵の方は「そんなにしているの?」と思う場合がほとんどでしょう。

 

指摘されて深刻にショックを受けている方も見かけます。奥さんからの指摘であれば、「結婚生活を続けられない」とまでいわれてしまうこともあるようです。

 

本気でそういったわけではないのでしょうが、対策をきちんと行えば解決する問題を、離婚の危機とまでいうのですから取り返しがつかない問題に発展する覚悟があるのか、はたまた相手を追い込みたいほどに何か別の問題があるかなのでしょう。

 

実際に臭いがひどいのでしょうが、相手のことを少しでも思いやる気持ちがあるのであれば、そんなにストレートにいう必要がありません。少しでもショックを受けないように、そっと指摘することができるはずです。もし夫が落ち込んだならケアしつつ、臭いを少なくする方法を一緒に考える、これが普通だと思います。

 

加齢臭がし始める年齢というのはそもそもが倦怠期です。倦怠期は相手に飽きが来て嫌気がさす時期のことですが、加齢臭の臭いはさておき根本的な問題は臭いにあるのではなく、この部分にあるのだと思います。

 

加齢臭を指摘されたとしたら、男性側は奥様や家族以外にも臭いで嫌な思いをさせているかもしれませんので、臭いがしないように気を付けることがもちろん大切です。ですが根本的な解決方法は夫婦の仲がよくなることにあると思います。

 

もし加齢臭を指摘されたら

余程臭いに対して無頓着で清潔とは程遠い生活ぶりであれば別ですけど、多少なりともにおいに気を付けていたのなら、夫であるあなたが悪いのではありません。男性同士ならそこまで気にしない臭いであっても、女性は本当にニオイに敏感な方がほとんどなのです。

 

女性より男性の方が加齢臭の臭いがしやすいのは本当ですが、女性はしないわけではありません。いい匂いも悪い臭いも含めてニオイに対する女性の感覚は鋭いため、自分の臭いにもとても敏感で気を遣うという差があることも理解しておく方がよいでしょう。

 

もし加齢臭を指摘されて落ち込んでいるのであれば、気持ちの切り替えはなかなかすぐにはできないでしょうけど、自分が他所で嫌がられないように指摘してくれたと考えてはいかがでしょう。加齢臭であっても他の体臭であっても、なかなかの勇気があったとしても、他人はさすがに指摘することができません。

 

会社で上司からすごい臭いが〜ということがあっても、指摘できずにどうすれば分からせることができるかが悩みになっている方も多いのです。奥様に感謝まではできないかもしれませんが、会社や友達付き合いで嫌がられないよう気付かせてくれたと考えてみたらどうでしょう。

加齢臭は使っている石鹸を変えるだけでも悩んでいた毎日を明るくできます。加齢臭の防止・肌の保護・抗菌作用などの成分を含んでいる石鹸を使うと、あなたも爽快な気分になることができます。⇒⇒⇒加齢臭対策が期待できるデオドラントソープはコチラ!