加齢臭対策になる食事は日本食

*

加齢臭対策には日本食

欧米で日本食がヘルシーな食事だと好評なのに、逆に日本では脂肪や動物性たんぱく質を多く含む食べ物を多く摂るようになり、食の欧米化が進んでしまっています。メタボ対策や生活習慣病などをはじめとして、健康のために行なう食事は日本食が適しているとよくいわれるのですが、加齢臭の対策や予防でも日本食を中心にした食事が適しています。

 

手作りの味噌

肉類を中心とした食事は、多くの動物性脂肪を摂取することになります。そうすると皮脂腺が活発化し汗臭などもきつくなります。

 

欧米化した食生活は、加齢臭のみならず体臭をより強くしてしまいます。日本人より欧米人の方が体臭が強いのは、肉類中心の食生活を行ってきたことが主な原因です。

 

さらに日本人は欧米人より肉類の消化が下手という事実もあります。消化しにくい肉類が腸にとどまる時間が増え、腸内環境は悪化します。結果として体臭を引き起こす原因にもなります。

 

ただし、日本食でも食べ過ぎるては本末転倒であることをしっかりと認識しておきましょう。日本食といえば白米を思い浮かべる方が多いと思います。この白米は炭水化物が主な栄養素ですが、炭水化物を摂り過ぎると加齢臭の大敵である活性酸素を増やす原因になり、逆に加齢臭を強くしてしまいます。

 

加齢臭を抑える食べ物

加齢臭の対策を考えて摂る食べ物は、なんとなくイメージできると思いますが、玄米ごはんや大豆を使った味噌、豆腐などの食品が効果的です。梅干や魚介類なども加齢臭を抑えてくれます。

 

それからビタミンCやEには抗酸化作用があり、これらも加齢臭対策に役立ちます。野菜(ほうれん草、ピーマン、小松菜、トマトなど)やフルーツ(みかん、キウイ、イチゴ、レモン)なども食事としてや食後のデザートとして積極的に摂りましょう。

 

ビタミンEを多く獲れる食品には、意外なもので雑穀米があります。日本食の基本になるお米ですから、無理なくビタミンEを摂取可能です。好みもありますから毎食雑穀米にしなくても、週に何度かの食事を雑穀米にするだけでもビタミンEを十分摂取できます。

 

雑穀米がダイエットにもよい食べ物という話もあるようです。加齢臭もダイエットも同時に行えれば一石二鳥なんですけど、そんなに上手い話はありません。ビタミンやミネラルを多く含んで健康によい雑穀米ですが、カロリーは白米とほとんど変わりません。おいしいから、健康にいいからといってたくさん食べると逆効果になります。

 

それから日本食といえば、食事中にいただくにも食後にも緑茶が合いますよね。緑茶にはカテキンが含まれていることをほとんどの方はご存知でしょう。カテキンは口臭の予防にもなりますし、加齢臭を助長してしまう活性酸素を抑える抗酸化作用もあります。

 

口当たりがよくおいしいと感じていた欧米化した食事を、粗食といえなくもない日本食に切り替えるのは、少し努力が必要かもしれません。でも、食生活は加齢臭の改善に大きく関係しており、絶対に外せない部分です。和食を中心とした食べ物をいただく方が健康にもよい結果を生みます。

 

「よし!それじゃあ徹底的に日本食だけを食べよう!」「菜食主義になれば加齢臭がしないんでは?」と考えられた方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、肉類などの食べ物を全くいただかないのはタンパクが不足してしまいます。菜食主義の方が確かに加齢臭の臭いはしにくいのは事実ですが、必要な栄養素を取れなくなってしまいます。

 

人間が健康的に生きて行くには栄養バランスが取れた食事である必要があります。日本食のよいところと洋食のよいところのバランスを考えた食事を楽しみましょう。

加齢臭は使っている石鹸を変えるだけでも悩んでいた毎日を明るくできます。加齢臭の防止・肌の保護・抗菌作用などの成分を含んでいる石鹸を使うと、あなたも爽快な気分になることができます。⇒⇒⇒加齢臭対策が期待できるボディソープはコチラ!