お風呂で湯船につかると加齢臭予防に

*

加齢臭対策では風呂で湯船につかる

加齢臭などの体臭を気にしていれば、毎日お風呂に入っていらっしゃると思いますが、湯船にはつからず特に暑い季節はシャワーだけで済ますという方も多いのではないでしょうか?加齢臭などの体臭を減らすためには、シャワーではなく湯船にゆっくりとつかることが大切です。

 

お風呂に入っているおじさん

現代人の多くは日頃の運動量が減り、暑い夏でもエアコンが完備された環境が普通となっているため、昔と比べれば汗をかくということが激減しています。日頃がこういう状態ですから現代人の汗腺の機能は低下しています。

 

お風呂で湯船には入らずシャワーだけの入浴を続けていると、ますます汗腺の機能が衰えてしまうことになります。何より肌の清潔を考えるのなら、お風呂では暖かいお湯にゆったりとつかることが大切なんです。

 

普段汗をあまりかかない生活を続けていると、汗腺には老廃物や角質などの不純物がたまりやすくなります。たまに汗をかけば、この不純物も汗と一緒になって出てくるため、汗はより嫌な臭いを発してしまうのです。

 

汗腺の機能を向上させる臭い対策

汗腺の機能低下によって、より臭いがひどくなった汗の臭いを改善するには、適度な運動を行って汗をかく習慣を取り入れるなどの生活習慣の改善も必要ですが、お風呂で暖かいお湯に入ると毛穴が開いて老廃物などの汚れも落ちやすくなり、臭いの改善だけでなく肌も清潔に保つことができます。

 

現代は清潔志向が高まり、特に若い世代の方は加齢臭などの臭いにも過敏になっています。しかし、年齢が若い方ほどシャワーでお風呂を済ませる傾向があります。湯船にゆったりとつかるよりシャワーで汗を流す方が、なんとなくカッコいいお風呂のイメージなのかもしれません。

 

そんな若い世代である20代の方でも「自分から加齢臭の臭いがしているかもしれない」と気にされている方も多く、最近では「若年性加齢臭」などという言葉もあるようです。でも、20代で本当に加齢臭であることは少なく、自己臭恐怖症という臭いを気にし過ぎる疾患の可能性があります。

 

ただ、加齢臭ではなくても体臭がしている可能性はあります。食生活が肉類中心であったり、運動不足によって汗腺の機能が低下したために起こる体臭であったり、20代でも不健康な生活習慣を続けていれば体臭はひどくなってしまいます。

 

シャワーでお風呂を済ませるのは、清潔なようで実は清潔とは逆のことをやっているのと同じです。加齢臭や体臭の対策のためには、なるべく暖かいお湯につかるようにしましょう。忙しくストレスも溜まりやすい今の時代、お風呂でリラックスする余裕も大切だと思います。

 

お風呂の温度は何度?

汗をかく必要はわかったとして、じゃあお風呂の温度は何度がいいのか?これを気にされている方も多くいらっしゃるようです。また、41度で1分間のシャワーがよいという話もよく目にします。真夏ならこの温度と時間で汗をかくかもしれませんが、基本的には湯船に入ることを推奨します。

 

ぬるめのお湯じゃないとダメだという人が、無理して高めの温度のお風呂に入る必要はないでしょう。温度が問題なのではなく、汗をかくということが大切ですから、例えばぬるめのお湯なら少し長い時間入るなど自分で調整し、体感してみるのが一番よいのではないかと筆者は思います。

加齢臭は使っている石鹸を変えるだけでも悩んでいた毎日を明るくできます。加齢臭の防止・肌の保護・抗菌作用などの成分を含んでいる石鹸を使うと、あなたも爽快な気分になることができます。⇒⇒⇒加齢臭対策が期待できるデオドラントソープはコチラ!