加齢臭対策で注意して洗う場所

*

加齢臭対策では皮脂が多く出る場所を念入りに洗う

加齢臭対策として特に念入りに洗った方がよい場所を知り、加齢臭対策につながる体の洗い方をしましょう。

 

風呂に入る親子

加齢臭の臭いを抑えるために注意して洗う場所は、体の中でも皮脂の分泌が多い部分です。洗い忘れずに念入りに洗います。

 

注意して洗うべき具体的な場所は、体の上の方から順に頭部(頭皮)、額から鼻筋にかけてのいわゆるTゾーンと呼ばれる場所、耳の後ろ側、首の後ろ側、体では胸と背中、脇の部分、下の方へ移って陰部も皮脂の分泌が多い場所=加齢臭が出やすい場所です。

 

皮脂の分泌が多い場所は体でも限定された場所です。逆に考えると、皮脂の分泌が多い部分を手を抜かずにきちんと洗うことで、加齢臭の臭い対策につながります。

 

目に見えない場所は特に注意して洗う場所

皮脂の分泌が多い場所の中でも、あまり気にして洗わない場所というのが、耳の後ろ側だと思います。「耳の後ろ側から加齢臭が〜」という話は、加齢臭を気にしていらっしゃる方であれば、一度は耳にしたことがあるはずです。

 

しかし、皮脂の分泌が多い場所の中でも耳の後ろというのは、自分の目で直接見れる場所ではありませんので、普段からあまり意識することもありません。耳の後ろ側は洗うべき場所から抜けてしまっている方が多いのではないかと思います。

 

耳の後ろ側を洗い忘れてはいけない理由がもう一つあります。耳の位置というのは、他人から見ても鼻の位置に近い場所です。耳の後ろ側は、加齢臭が特に目立ってしまう場所でもあるのです。

 

背中(特に背中の中心部を念入りに洗いましょう)や首の後ろ側というのも、同じく自分の目で見えない部分です。ついつい簡単に洗ってしまいがちですが、こういった皮脂の出やすい部分は特に気をつけながら洗うようにしましょう。

 

念入りに洗うとはいっても、力を入れてゴシゴシと洗ってしまうと肌を傷付けトラブルの元になってしまいます。加齢臭が出やすい場所をティッシュで拭って嗅いでみるだけでも、自分の加齢臭の臭いが分かります。臭いの元は、それほど簡単に拭うことができるのですから、力を入れて洗う必要はありません。

 

大切なのは洗うべき場所を忘れずに洗うことと、汗をかきやすい季節などは洗う回数を増やすこと。例えば、朝はシャワーで夜は湯船につかるというように加齢臭の臭いの元を洗い流す回数を増やすことです。

 

また、回数を増やすのは無理があるという場合には、タオルで加齢臭が出やすい場所を拭うというだけでも臭いを抑える効果があります。この時のポイントは乾いたタオルより濡れたタオルを使うことです。寝ている間にも汗をかきますから、朝濡れたタオルで加齢臭が出やすい場所を拭うだけでも、その後の臭いが出てしまうまでの時間を長くできます。

 

加齢臭予防には湯船に入るにも書いているように、シャワーだけではなく湯船につかることも、より効果的な加齢臭の対策になります。

加齢臭は使っている石鹸を変えるだけでも悩んでいた毎日を明るくできます。加齢臭の防止・肌の保護・抗菌作用などの成分を含んでいる石鹸を使うと、あなたも爽快な気分になることができます。⇒⇒⇒加齢臭対策が期待できるボディソープはコチラ!