足の臭いの原因と対策

*

足の臭い対策は清潔が第一です

体臭も周りに嫌われる臭いですが、気を付けておかないと足の臭いもかなり強烈な臭いを発します。足の臭いもひどくなると、靴を脱いだ途端部屋中に臭いが充満してしまいます。

 

人間の足の裏は汗腺が多くて汗をかきやすく、角質層も厚いため細菌のエサとなる垢も出やすく、嫌な臭いがする条件がそろっている部分です。その上、靴を長時間履いたりすれば靴のなかは蒸れた状態になり、細菌にとってこれ以上ない天国のような状態になってしまいます。

足の裏

 

足の臭いといえば、加齢臭と同じようにおじさんの臭いというイメージがありますが、あながち間違った話ではありません。これにはふたつの理由があります。女性より男性の方が足の裏の角質層が厚いことが足の臭いを起こしやすいひとつ目の理由です。

 

もうひとつの理由は、男性は汗を一番かきやすい夏場でも、密閉されたタイプの靴を履く必要があることが多いなど、女性より男性の方が細菌が繁殖する状態を作りやすいのです。

 

足の臭い対策

足の臭いの対策としては、まず第一に足を清潔に保つこと肝心です。入浴できれいに足を洗うのはもちろん必要ですが、手の爪みたいに足の爪は目立たないから伸び放題なんてことになっていませんか?爪も必ずきれいに切っておくようにしましょう。

 

足の臭いの最大の原因になってしまうのは、靴下や靴で密閉された環境になり蒸れることです。蒸れる状態をなるべく作り出さないように、靴や靴下はなるべく通気性のよいものを選ぶようにします。汗を吸う中敷を使ったり、消臭スプレーなども効果的ですから活用しましょう。

 

一日中靴を履きっぱなしだと蒸れの状態が続きますから、たまに靴を脱ぐのも効果があります。でも、周りの状況をよく考えないと、眉をしかめられることになるので要注意です。

 

お気に入りの靴だからといって、毎日同じ靴を履いていると、靴に付いた雑菌や臭いが蓄積されたままになってしまいます。少なくとも数日置きには違う靴と選手交代させましょう。この時、靴の臭いを除去するため消臭スプレーをかけ、乾燥させておくとベストです。

 

最後に全くお金がかからない靴の消臭方法をご紹介します。筆者が新入社員であった頃、会社の大先輩に聞いた話です。靴を夜露に当てておくと臭いが消えると教えていただきました。なぜなのかは不明ですけど、実際やってみると不思議に臭いがしなくなります。試してみてください。

 

ただし湿度が高過ぎる時は止めた方がよいかもしれません。もし靴がダメになっても筆者は責任を負えませんのであしからず。

加齢臭は使っている石鹸を変えるだけでも悩んでいた毎日を明るくできます。加齢臭の防止・肌の保護・抗菌作用などの成分を含んでいる石鹸を使うと、あなたも爽快な気分になることができます。⇒⇒⇒加齢臭対策が期待できるボディソープはコチラ!