便の臭いの原因と対策

*

便の臭いを仕方がないと諦めない

誰でも便をすれば臭いがするのは当たり前のことですが、臭いに強弱があるのも事実です。便の臭いはある程度仕方がないことです。でも、便の臭いが強烈になってしまい子供に指摘されたなんてことにならないよう気をつけましょう。誰だって臭いとはいわれたくありませんからね!

 

トイレで新聞を読むお父さん

まず、食べ物にはにおいがあります。全く無臭の食べ物は存在しません。人間の体がその食べ物を消化し、栄養を吸収した結果、食べ物のにおいはアンモニアなどのにおい物質に変化します。これが便の臭いの元になります。

 

便の臭いがきつくなるひとつめの原因として、食べる時点に問題があります。よく噛んで食べないと消化が悪くなりますので、結果として便の臭いを強くしてしまいます。子供に言い聞かせるようですが、よく噛んで食べることは、色々な面で重要なことなんです。

 

よく噛んで食べることからもつながりますが、胃腸の働きが弱っている場合も便の臭いが強くなります。胃の調子が悪ければ消化が悪くなるので、便の臭いを強くする原因になります。

 

腸ももちろん関係していて、働きが悪いと便秘になってしまいます。便秘になると便が腸に長く留まってしまいますから、便が腐って行き臭いも強くなってしまいます。

 

加齢臭もストレスが原因になりますが、この胃腸の調子もストレスに大きく影響されることはよく知られていることです。なるべくストレスを避けること、胃腸の調子を整えることなどが便臭の対策になります。便の臭いが気になり始めたら、食生活や生活環境の見直しを行ってみるよいきっかけです。

 

腸内環境の悪化が便の臭いがきつくなる原因

人間の腸内には多くの菌が住み着いています。その種類は100を超えます。善玉菌で代表的なのはビフィズス菌ですね。よく耳にします。善玉菌がいるのであれば、善に対して悪もいます。悪玉菌で代表的なのは大腸菌でしょうか。

 

よい腸内環境は善玉菌と悪玉菌のバランスが取れた状態です。悪玉菌が優位になってしまうと腸内環境が崩れ有害な物質を作るため、便の臭いも強くなってしまいます。このサイトのテーマである加齢臭を含む体臭にも悪影響を与え体臭もひどくなります。

 

悪玉菌を減らし善玉菌が住みやすい環境を作るには、食物繊維をたくさん含んだ食べ物を食べることが必要です。また、ビフィズス菌や乳酸菌を食べることで、善玉菌を増やすことができます。はちみつ、玉ねぎ、ゴボウなどに多く含まれるオリゴ糖を積極的に摂ることも善玉菌を増やします。

加齢臭は使っている石鹸を変えるだけでも悩んでいた毎日を明るくできます。加齢臭の防止・肌の保護・抗菌作用などの成分を含んでいる石鹸を使うと、あなたも爽快な気分になることができます。⇒⇒⇒加齢臭対策が期待できるデオドラントソープはコチラ!